建設業

建設業 · 2020/04/04
国土交通省から経営事項審査の基準の一部見直しについて公示されました。建設キャリアアップシステムで登録された、レベル3およびレベル4の技能者について、経審の技術職員として加点の対象に追加するものです。

建設業 · 2020/03/27
建設業法施行規則及び許可事務ガイドラインの改正に伴い、4月1日から建設業許可の手続き関して次のように変更されます。以下は静岡県から発表されている文書を基にしていますが、どの都道府県においても、細かい点は相違しても、概ね同じような扱いになっているかと思います。

建設業 · 2020/03/20
建設キャリアアップシステム登録が、自治体の入札参加資格の面で恩恵を受けられるようになってきました。

建設業 · 2020/03/13
建設キャリアップシステムの本部(一般財団法人建設業振興基金)から同システムへの企業(事業者)と技能者の登録状況(2020.1末現在)が公表されています。

建設業 · 2020/03/06
建設業許可事務の分野でも官民の働き方改革が進んでいます。国土交通省は4月から建設業許可に関する提出書類を簡素化するために建設業法施行規則と建設業許可事務ガイドラインを改正しました。

建設業 · 2020/02/15
弁護士ドットコムが提供する電子契約のサービスが拡大しているそうです。  例えば不動産の賃貸借契約でこのサービスを利用すると、次のような変化が あると紹介されていました(日経新聞2020.1.29)。 何らかの理由で貸主と借主が仲介業者のもとに会する機会がない場合、 仲介業者が順番に契約書を送付して署名押印をして紙ベースの契約書を...

建設業 · 2020/02/02
建設業法24条の7に施工体制台帳と施工体制図の作成が義務付けられています。先日、協力会社の社員様に同行して元請会社様の説明会に参加しました。

建設業 · 2020/01/24
ある専門家の方から伺いましたが、東京都を中心とする首都圏の人口は約3700万人で、 圏域の人口としては世界一の規模だそうです。 上海やジャカルタなどより多いのですから、すごいですね! 長野県立科町が地元の建設会社と協力して、町への移住を促進するという取り組みが 紹介されていました。 https://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20200122-OYTNT50155/...
建設業 · 2020/01/10
年明けから、公共の発注機関への入札参加資格審査申請の受付が本格化しています。 あまり馴染みのない方に少しご説明しますと、公共の機関に対して仕事の受注を希望する場合には 定期的に申請をして自社の登録をしてもらう必要があります。 相手先にもよりますが、登録の種類には大きく分けて次の4種類あります。 1.建設工事 2.建設関連業務委託...
建設業 · 2019/12/31
国土交通省は、技能実習生を受け入れる建設企業に対しての基準を強化します。 令和2年1月1日以降に技能実習計画(技能実習1号)の認定を申請する際には 次の義務付けがされます。 (参考記事:建通新聞社2019.12.25) ---------------------------------------------------------------------------------------------- 1.実習生への給与支払いを月給制にすること...

さらに表示する