”おかえりモネ”と高速道路

 

10月末に終了したNHK朝ドラ“おかえりモネ”。あまり人気がなかった

ようなのですが、私は主演のクールな演技になんとなく惹かれ、筋がよく

分からないまま、たまに週末のダイジェスト版を観ていました。

 

東北の港町出身の主人公モネが東京で天気予報の仕事をしている、という

認識はあったのですが、最終回を観ていて、舞台が宮城県の気仙沼だという

ことにようやく気が付きました。

 

 気仙沼は思い出のある土地です。東日本大震災の翌月、友人に誘われて、

約一週間、災害ボランティアで滞在しました。朝から夕方までヘドロの撤去

などの作業に従事し、夜は居酒屋で地元の方から話を聞きました。その後、

家族を連れて観光に行きましたが、人懐こい土地柄で、海の幸が美味しく、

また景色もきれいでいい所です。

 

 災害ボランティアの帰り道、東名の由比PAで休憩をした時、私はハッと

しました。由比PAがある辺りは、東海道の難所“薩田峠”がある場所で、

東名高速、国道1号、新幹線、東海道線が狭い海岸線に集中しています。

 

 それに比べ、東北自動車道、東北新幹線ともに内陸にあるため、震災の

直後から利用することができました。ボランティアの時も東北自動車道では

自衛隊の大きな隊列と何度もすれ違いました。

“東北自動車道が使えなかったら救助・復旧はどうなっていたのか?”

静岡で大地震が起きた時のことを想像すると、空恐ろしくなりました。

 

内陸の主要道を軸にして、海岸線に向けて順次道路を復旧していく計画。
震災当時、国土交通省は“くしの歯作戦”と呼んで遂行していました。

私は改めて、翌年に控えていた“新”東名高速道路の開通に納得しました。

 

   朝ドラの最終回で、主人公のモネは、震災からずっと閉じたままの楽器ケース

を開けます。その時に「やっと戻ってこられた」とつぶやき、妹や友人から

「おかえり、モネ」と言われていました。

 

お互い、どんな気持ちだったのでしょうか。