中小企業支援 · 2020/04/08
日々深刻化する新型コロナウイルスの対応策について、補助金・給付金の側面からまとめましたので、一助になれば幸いです。 <中小企業向け補助金> (1) 無利子・無担保融資(特別利子補給制度)...

建設業 · 2020/04/04
国土交通省から経営事項審査の基準の一部見直しについて公示されました。建設キャリアアップシステムで登録された、レベル3およびレベル4の技能者について、経審の技術職員として加点の対象に追加するものです。

相続 · 2020/04/01
まず、配偶者居住権とは、 残された配偶者が亡くなった夫又は妻の建物に住んでいて、一定の要件を充たすときに、亡くなった後も賃料の負担をせずに住み続けることができる権利です。 配偶者居住権は、遺産分割協議などの方法で取得することが出来ます。...

建設業 · 2020/03/27
建設業法施行規則及び許可事務ガイドラインの改正に伴い、4月1日から建設業許可の手続き関して次のように変更されます。以下は静岡県から発表されている文書を基にしていますが、どの都道府県においても、細かい点は相違しても、概ね同じような扱いになっているかと思います。

宿泊業技能試験センターが実施する技能実習評価試験に合格した技能実習生は、技能実習2号に進むことができ、旅館・ホテルで通算3年働くことが可能になります。 さらに、技能実習2号を修了した後は、試験なしで「特定技能1号」(在留期間・最長5年)に移行で出来ます。 「技能実習」と「特定技能」は別の在留資格になります。...

建設業 · 2020/03/20
建設キャリアアップシステム登録が、自治体の入札参加資格の面で恩恵を受けられるようになってきました。

技能実習生を雇用されている方、新型コロナウイルスの影響でお困りのことも多いことと思います。法務省のホームページで公開している対応策をまとめましたので参考にしていただきたいと思います。 1.始めての実習開始で、実習生の入国が遅れる場合 ① 申請の技能実習期間と入国との間が3ヶ月以上空いていない場合 変更届等の手続きは不要 ②...

建設業 · 2020/03/13
建設キャリアップシステムの本部(一般財団法人建設業振興基金)から同システムへの企業(事業者)と技能者の登録状況(2020.1末現在)が公表されています。

先回に引き続き、「留学」の在留資格から別の在留資格への変更手続きについてお話したいと思います。 大学等を卒業した留学生が,卒業後,「就職活動」を行うことを希望する場合に,「特定活動」という在留資格に変更することで6ケ月間引き続き日本に在留することが可能となります。...

建設業 · 2020/03/06
建設業許可事務の分野でも官民の働き方改革が進んでいます。国土交通省は4月から建設業許可に関する提出書類を簡素化するために建設業法施行規則と建設業許可事務ガイドラインを改正しました。

さらに表示する