行政書士と私の人生(その6)

 

仕事のやりがいが高まる半面、資格がないことに負い目を感じる、

矛盾した感情としっかり向き合わないまま時間が経ってきました。

私生活が荒れてしまい(ここでは書けませんが)、最終的には、

扁桃腺がひどく化膿して1週間寝込む、という”穴”に落ちました。

 

職場に復帰後も声が全く出せず、更に1週間、まともに仕事が

出来ない状況でした。

当時(2002年)は未だ職場にインターネット環境が整っていません

でしたので、外部の方に「実はいま声が出ないんですぅ」という

説明がうまく出来なかったのです。

 

この”事件”があって、自分で自分が本当に情けなくなりました。

落ちるところまで落ちた、という感覚です。

でもその時「このままじゃ人生が台無しだ。なんとかしなきゃ」

という気持ちが湧き上がってきました。

 

当時、タバコを一日1箱、飲みに行けば更に1箱は吸っていました。

扁桃腺を化膿させた原因のひとつがタバコでしたので、私にとって

タバコが駄目な自分の象徴に思えてきました。

 

そこで人生を巻き返す第一歩として「禁煙」を目標にしました。

その日から今まで1本も吸っていません。

たまにタバコを吸っている夢を見ますが、目が覚めてホッとします。

それくらい、未だにタバコは私にとっては”堕落”の象徴なのです。

 

禁煙が3か月ぐらい続くと、生活にハリが出てきました。

「なにか挑戦してみよう」という気持ちが湧き上がってきました。

当然、試験勉強という流れになったのですが、司法書士試験は

学生の時に挫折した悪夢が蘇り「とりあえず行政書士試験に挑戦を

してみよう」ということにしました。

 

2002年6月は、サッカーワールドカップ日韓大会のとき。

私が暮らす袋井市も、エコパスタジアムで試合が行われていました。

友人から「チケットが手に入るから試合観にいこう」と誘われましたが

勉強するために断ったことを今でも記憶しています。

 

試験本番まで残り半年足らず、仕事の後で机にかじり付いて勉強する、

という日々が始まりました。