哲学・ビジョン・教育

新年を迎えて(カウントダウン)
明けましておめでとうございます。快晴で気持ちの良い新年を迎えらえれました。
行政書士と私の人生24(海を漂う手漕ぎ船)
最近の調子の良さも、自分で事務所をやり繰りした結果に思えていたけど、結局は世の中の流れに沿って浮き沈みをしているだけじゃないか。

行政書士と私の人生23(二度目の引越し)
40歳にして少し心境の変化がありました。50歳になった時の、行政書士としての自分のイメージが持てなくなっていました。
行政書士と私の人生22(正社員の雇用)
正社員を雇用してみようと思い立ちました。今となっては正社員もパートも働く時間が違うだけで、中身には関係がないのですが。

行政書士と私の人生 21(最初の引越し)
私はこれまで事務所を3回、引っ越しています。理由は様々ですが、最初の引っ越しは開業して4年目の頃です。
行政書士と私の人生 20(会員同士の交流)
行政書士会に入会すると、内部で色々な活動があって参加を促されます。入会したての頃は役員の方から「新入会員さんの参加は義務ですからね!(笑)」と言われて総会、親睦会、委員会などひととおり参加をしましたが・・・

行政書士と私の人生 19(代書の意味)
当時は親や知人に紹介された相手と結婚というのが当たり前の時代ですので、異性にラブレターを送るというのは、人生の一大事だと思います。何とか上手くいかないかと、わらにもすがる想いで相談したのでしょう。
国道1号バイパスの渋滞と4車線化工事
国土交通省静岡国道事務所のご協力を頂き、藤枝バイパスの4車線化工事の現場を見学させていただきました。

行政書士と私の人生 18(雇用と教育)
アドバイスされて気が付いたのが、雇用をするということです。私が外回りしている間に書類を作成していてくれる人がいれば、受注の量を倍にすることができる。
行政書士と私の人生 17(軌道に乗る)
営業をする上で「ある方の紹介」というのは本当に強いです。紹介ルートができたことで、仕事が増えたのです。

さらに表示する